>

紫外線を予防しよう

海や山にと、レジャーシーズンになると一番大敵なのが紫外線ですよね。
街中を歩いてお買い物なら、日傘をさして出かける方も多いと思いますが、両手が荷物になってしまうと、どうしても帽子をかぶる方も多いと思います。
この日傘と帽子ですが、シミ対策とファッションととらえている女性が多く見受けられます。
つまり、白髪を増やしたくないから、といって必需品にされている方があまりいないのが現状というわけです。
では、日焼けで白髪が増えると捉えた場合、女性はそのメカニズムを知りたくなるかと思います。
一番身近な例えだと、海好きのサーファーの髪の毛がいつも色素が薄いことが理解への近道です。これは、髪の毛のメラニン色素が破壊されていることを表します。
大量の紫外線を浴びることで、髪の毛が老化して、老若男女問わず白髪の原因になるといわれています。ですので、頭皮にもローションやミルクを塗ってから出かけるとよいでしょう。

まだ明確化されていない白髪の原因

白髪防止といっても、まだまだ研究中であることも現在の医学ではありえます。
色素幹細胞が修復できずに枯渇してしまうという研究結果があり、まだマウスで研究中だからです。
加齢とともに幹細胞の監視機能が失われることは研究で言えることですが、逆に言えば監視機能を失わないようにすれば、白髪を食い止め黒髪を維持することができるということが言えます。
例えば、コラーゲンやたんぱく質。これらが白髪を食い止める研究はまだ発展途上であって、ヒトにはまだ行っていないのが現状です。
予防できる医薬遺品はまだ10年くらい先になるかもしれませんが、将来もっと研究が進むことは考えられるということです。
また、抜くと白髪が増えるという根拠のない説は、考えないほうがよいかもしれません。
とにかく原因は定かではない部分がたくさんあるので、うのみにせず今現時点で行えるケアをしたほうが無難であることが言えます。





日常のケアとこれからの課題

この記事をシェアする